Drag

酵素洗顔パウダーの適切な使用頻度とは?おすすめアイテム5選もご紹介♡

酵素洗顔パウダーの適切な使用頻度とは?おすすめアイテム5選もご紹介♡

20~30代の女性が抱える肌の悩みの一つと言えば、毛穴の黒ずみ。私も25歳が見えてきたあたりから、毛穴の開きや汚れが気になるようになりました……。

 

今まで毛穴パックや泡洗顔などを試してきましたが、正直効果を感じるのは使用直後だけ。しかし、最近「酵素洗顔パウダー」を試してみたところ、翌朝も肌の明るさや滑らかさをしっかりと感じることができたんです!

 

 

そこで今回は、酵素洗顔パウダーの使い方やおすすめブランドを紹介させて頂きます。

 

トピック

毛穴やニキビに効果的!酵素洗顔パウダーとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ハーバー研究所(HABA)(@haba_jp)がシェアした投稿

酵素洗顔パウダーとは名前の通り酵素が配合された洗顔料で、以下のような効果があります。

 

①毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂を取り除く
②肌表面の古い角質を除去してターンオーバーを整える
③化粧水や美容液の浸透力が高まる

 

普通の洗顔料では落としきれない毛穴の汚れをすっきりオフできるので、透明感のあるツルツルな肌へ導いてくれます。

 

それゆえ、くすみやシミができにくい肌環境を作ることができるんです。また、酵素の成分は毛穴詰まりを改善してくれるため、ニキビケアにも効果抜群。

 

酵素洗顔パウダーは、お肌のトータルケアをしてくれるアイテムといえるでしょう!

 

酵素洗顔パウダーの使い方や使用頻度は?

この投稿をInstagramで見る

 

株式会社pdc(@pdc_jp)がシェアした投稿


個人の肌質や肌状態でも異なりますが、酵素洗顔パウダーの使用頻度は週1~2回がおすすめ。なぜなら、毎日酵素洗顔を行うとターンオーバーを促進しすぎてしまい、肌を守るバリア機能が低下してしまうからです。

 

まずは週1回使用してみて、それでも毛穴の黒ずみや肌のごわつきを感じるようであれば週2回に増やすなど、様子を見ながら使用するのが良いと思います。

 

また、酵素洗顔パウダーは使い方を間違えると肌を傷つけてしまう場合があるので、以下の4点を必ず守りましょう。

 

①しっかり泡立てる
②擦らずに優しく洗う
③洗顔時間は2~3分以内
④洗顔後は丁寧に保湿する

 

とにかく肌の負担を減らすためにも、パウダーをしっかり泡立てて使うことが大切。泡立てネットや泡立て器を使用すると、簡単にふんわりとしたきめ細かい泡を作れます!

 

そして、力を入れずに泡を顔の上に乗せるイメージで優しく洗って下さい。この時、洗いすぎると肌に必要な油分や膜まで落としてしまうため、2~3分でスピーディーに汚れを落としましょう。

 

また絶対に忘れてはいけないのが、洗顔後の保湿です。酵素洗顔した後は、角質が除去されて肌の表面から水分が蒸発しやすい状態になっており、肌が乾燥状態になっています。

 

それゆえ、いつも以上に丁寧な保湿を心がけると良いでしょう。

 

肌が敏感になっているので、摩擦が生じやすい拭き取り化粧水は避けて、低刺激な化粧水や乳液で包み込むようにケアして下さいね!

 

正しく酵素洗顔パウダーを使用することが、美肌への近道となります。

 

 

おすすめの酵素洗顔パウダー5つを徹底比較!

 

この投稿をInstagramで見る

 

桃潤肌酵素洗顔パウダー【公式】(@momouru_hada)がシェアした投稿

今やプチプラからデパコスまで、多くのメーカーから酵素洗顔パウダーが発売されているんです◎

 

ここからは、口コミでも評価が高いおすすめの酵素洗顔パウダーを5つピックアップしてご紹介していきます!

 

商品選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

【酵素洗顔パウダー】①FANCL(ファンケル)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ファンケル(@fancl_official)がシェアした投稿

炭と泥の成分が含まれた黒いパウダーが特徴的な、ファンケルのディープクリア 洗顔パウダー。私はこれを使用していますが、毛穴が以前よりも気にならず、さらに肌がなめらかになり驚きました!

 

さらに、パウダーに保湿力の高いヒアルロン酸も含まれているため、肌がつっぱることもなく優しく洗い上げられます。

 

また、少量のパウダーでかなり泡立つので、1包装を2回に分けて使用しても良いかと思います。ファンケルの酵素洗顔パウダーは刺激が少ないため、乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめですよ。

 

【商品名】ディープクリア 洗顔パウダー(0.4g×30個)
【価格】税込み1980円

 

【酵素洗顔パウダー】②Obagi(オバジ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

オバジ(@obagi_japan_official)がシェアした投稿

肌の潤いを守りながら汚れやザラつきを取り除いてくれる、オバジの酵素洗顔パウダー。オバジの酵素洗顔パウダーは、整肌保湿成分であるピュアビタミンCが豊富に配合されています。

 

それゆえ、肌の洗浄とともに肌の水分を補い保つので、洗浄力の高い酵素洗顔パウダーを使うことに抵抗がある方も安心して使用できるでしょう。

 

またオバジの酵素洗顔パウダーは、「洗顔後に化粧ノリが良くなった」という口コミも多いとか!特別な予定がある日の前日に、スペシャルケアアイテムとして使用するのも良いのではないでしょうか?

 

【商品名】酵素洗顔パウダー(0.4g×30個)
【価格】税込み1980円

 

【酵素洗顔パウダー】③suisai(スイサイ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

suisai_jp(@suisai_jp)がシェアした投稿

2021年VOCE プチプラベスコスAWARD洗顔・クレンジング部門1位に選ばれた、スイサイのビューティクリア パウダーウォッシュ。実は酵素には、湿気や高温に弱いという特徴があります。

 

そこでスイサイは、酵素の働きを持続させるために、酵素をシルクでコーディングした独自のパウダーを開発。それゆえ、スイサイの酵素洗顔パウダーは肌のさらさら感が長続きするようです。

 

15個入りのトライアルサイズも販売されているため、酵素洗顔パウダーを初めて使用する方でも気軽に挑戦しやすでしょう!

 

【商品名】ビューティクリア パウダーウォッシュ(0.4g×32個)
【価格】税込み1980円

 

【酵素洗顔パウダー】④雪肌精(セッキセイ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao(@nao_mint_)がシェアした投稿

泡立てネットを使わなくてもふんわりとした泡を作ることができる、セッキセイの酵素洗顔パウダー。セッキセイの酵素洗顔パウダーは粒子が細かく、毛穴に詰まった汚れや皮脂をしっかり洗い上げてくれるんです。

 

そして、洗顔後はしっとりというよりはさっぱりした仕上がりになります。また、コンビニやドラッグストアでも手に入りやすく、リーズナブルな価格なので気軽に試しやすいでしょう♪

 

しかし、中には「洗い上がりのつっぱり感が気になる」という口コミもあるため、洗顔後の保湿は入念に行って下さい。

 

【商品名】酵素洗顔パウダー(0.4g×10包)
【価格】税込み550円

 

【酵素洗顔パウダー】⑤DHC(ディーエイチシー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

DHC(ディーエイチシー)公式(@dhc_official_jp)がシェアした投稿

パパイン・プロテアーゼ・リパーゼの3種類の酵素が配合されている、ディーエイチシーのクリアパウダーウォッシュ。

 

泡立ちがとても良いため、首やデコルテまで洗う方も多いそうです。

 

ディーエイチシーの酵素洗顔パウダーは、小鼻の黒ずみや鼻周りのポツポツ毛穴など、いちご鼻に悩んでいる方に特におすすめ。

 

皮脂分泌が多く角栓ができやすい鼻の汚れをしっかり分解し、肌を滑らかにしてくれるんです。

 

また、ディーエイチシーの酵素洗顔パウダーには肌に優しいアミノ酸系洗浄成分も含まれているので、敏感肌の方でも安心して使用できると思います。

 

【商品名】クリアパウダーウォッシュ(0.4g×30個)
【価格】税込み1812円

 

まとめ:酵素洗顔パウダーで毛穴レス美人に!

普通の洗顔では落としきれない頑固な汚れにアプローチしてくれる酵素洗顔パウダーは、日頃のスキンケアに積極的に取り入れたいアイテム。

 

酵素洗顔パウダーを正しく使用して、トラブルの少ない肌を作り上げましょう!

 

この記事が役に立ったと思ったら
スキ、お願いします。