Drag

【初出勤セラピスト必見】メンズエステ勤務に必要な持ち物をチェックリスト形式で紹介!

【初出勤セラピスト必見】メンズエステ勤務に必要な持ち物をチェックリスト形式で紹介!
📒こんな方におすすめ

①もうすぐメンズエステの初出勤で、働く際に必要な持ち物を調べている方

②メンズエステで待機中の暇つぶしに役立つ持ち物を知りたい方

③初めてのメンズエステ遠征バイトに持って行ったほうが良い持ち物を教えてほしい方

 

サクッと高収入を狙えるため、最近女性の間で人気が高まってきているメンズエステのバイト。応募や面接を経て、初出勤に備えて持ち物を調べている方もいるでしょう。

 

今回は、メンズエステの出勤に必要な持ち物を徹底解説!

 

基本の持ち物や待機で役立つアイテム、遠征バイトに持っていくと良いグッズなどを、チェックリスト形式でご紹介していきます。

特にメンエス初出勤のセラピストさんは必見!

この記事を読んで、準備万端の状態で初出勤を迎えましょう。

 

トピック

【メンズエステ初出勤の方向け】基本の持ち物8選を紹介

【メンズエステ初出勤の方向け】基本の持ち物8選を紹介

求人ページで「手ぶらでOK!」「備品はお店で揃えています!」などとうたわれつつも、実はメンズエステのお仕事で必要なアイテムはたくさんあります。

 

ちなみに、下記は基本的にお店に用意されているもの。

 

・オイル
・タオル
・お客さん用のスリッパ

 

ここからは、上記に挙げたアイテム以外でメンズエステ勤務に必要な持ち物を解説!チェックリストも掲載するので、初出勤の方は要チェックですよ。

タップするだけでチェックマークをつけられるので、良ければ使ってみてください🙆🏻‍♀️

 

 

①タイマー

セラピストが使うアイテムとして、最も重要と言っても過言ではないのが「タイマー」です。

 

メンズエステは「時間ごとに」コースを区切るのが一般的。そのためお客さんが指定したコース時間に合わせてセラピストがタイマーを設定し、終了時に鳴るよう調整します。

 

お店側でタイマーが用意されているところが多いものの、中にはセラピスト自身で持参するよう促すところもあるとか。ごく一部の店舗に限った場合ではありますが、持っておくに越したことはないでしょう。

 

実際に施術で使用する際は、残り時間が分かりやすいタイマーなら施術を進めやすいかもしれません。タイマーは通販や100円ショップなどで買えるため、自分用に1つ持っておくのがおすすめですよ!

私は自分が見やすいように文字盤が大きいものを使っています🕓

 

②自分用のスリッパorルームシューズ

お店側で用意してくれる場合もありますが、自分が履くスリッパかルームシューズは持参するのが吉。

 

オイルを大量に使うメンズエステは、マットレス以外の場所が大変滑りやすくなっています。万が一オイルが床にこぼれてしまった場合、足裏についてしまう可能性もあるので自分用のスリッパかルームシューズは持っておいたほうが良いでしょう。

 

前述した通り、お客さん用のスリッパはあるものの、メンズエステは基本的にセラピストには履き物を用意していません。

 

ルームをセラピスト自身で掃除する際は、オイルによって足形がつきやすくなってしまうので、やはり自分用にスリッパかルームシューズを持参しておくのが安心なのではないでしょうか?

 

③汗対策のグッズ

汗対策グッズは季節に関係なく持っていくことをおすすめします!

 

メンズエステの店内は、脱衣するお客さんに合わせて高めに設定されていることがしばしば……。そのためセラピストは施術中、意外と汗をかきやすい状態になります。

 

そんな時のために、汗対策は必須!汗拭きシートや制汗スプレーなどを持っておき、常に清潔感を心掛けると良いですよ。

 

とはいえ、元々緊張や体質によっては人より多めに汗をかいてしまう方もいるでしょう。

汗拭きシートだけじゃ間に合わないことがある😭

なんて方は、ぜひリラクジョブの公式Instagramをチェックしてみてください!

 


このようにリラクジョブの公式Instagramでは、多汗症の改善が期待できるマッサージもご紹介しています。

 

ほかにも働くセラピストを応援する投稿がたくさんあるので、ぜひご覧になってみてくださいね!

 

これは必須ではありませんが、汗で髪がヨレヨレになった時のために、余裕がある人はコテやアイロンも持っていくのもアリ。特に髪の長い女性や、お仕事の後に予定がある方は持っておくと便利ですよ。

 

④制服が用意されていない場合は施術用の服

メンズエステの中には、制服を用意してくれる所もあれば、そうでないお店もあります。

 

施術着を持参しなければならないメンズエステで働く際には、他のセラピストが着用している格好を参考に、自分に合った服を用意しましょう。

施術着を自分で用意するなんてめんどくさくない?

なんて思う方もいるでしょうが、自分で施術着を準備するお店にもメリットはあります。

 

例えば、お店で用意する制服のサイズに限界がある場合は、自前の洋服を準備しておくほうが良いのではないでしょうか?また共用の制服を着ることに抵抗のある方は、施術着を持参できるほうがありがたいですよね。

 

施術着を持参する際は、

 

①汚れても良い
②施術しやすいよう伸縮するもの
③汗をかいてもべたつきにくい素材

 

なんてことを考えながら選んでみましょう。

 

⑤髪留め

髪が長い方は髪留めでまとめておかないと、施術中は結構邪魔になります。お店に置いてるところも多いようですが、お気に入りのものがあるならば、ぜひ持っていきましょう。

ちなみに私はバンスクリップかバナナクリップを持っていってます🤗

また初対面の人との第一印象は、ほとんどが「見た目」で決まるそうです。セラピストとして接客するのであれば、髪をまとめて清潔感を演出するのも大切なのではないでしょうか?

 

⑥オイルを洗い流すための石鹸やボディウォッシュ(自分用)

メンズエステでは、オイルを使ったマッサージサービスを提供しているところが多数。施術が終わったら洗い流さないと、ベタベタのまま帰らなければならない可能性が出てきます。

 

お店にも業務用の石鹸が用意されている場合はありますが、中には安くて香りが良くないうえ、肌が乾燥しやすくなってしまうものもあるみたい……。

 

しかし自分が普段から使っている石鹸やボディウォッシュを持参しておけば、そんな心配もありません!

 

カバンに入れても邪魔にならないくらいの小さなボトルに詰めて持っていくのが良いでしょう。

泡タイプのボディウォッシュを使う人には、👇のような小分けボトルがおすすめです🥰

この投稿をInstagramで見る

 

Asako Kubo(@asakokubo)がシェアした投稿


ぜひ、お気に入りの石鹸やボディウォッシュを持っていってみてはいかがでしょうか?

 

⑦ハンドクリームやベビーオイルなど肌ケア用品

お肌が元々弱い方や、オイルによる肌荒れが気になる方はケア用品を持っておくと安心ですよ!

 

オイルを使った後何度も拭き取ったり洗い流したりすれば、当然肌が乾燥してくるもの。そのためメンズエステのお仕事は、人によっては手荒れがひどくなってしまうことが多いのです。

 

手荒れを防ぐためにも、ハンドクリームやベビーオイルでしっかり乾燥からお肌を守りましょう!香りがキツイものは、お客さんの気分を悪くしてしまう可能性があるため、できるだけ無香料のものを選ぶのがおすすめですよ。

 

⑧メイク用品やヘアブラシ、歯磨きセット

待機時間でのメイク直しは必須。お客さんの前で接客するため、身だしなみはキチンと整えておく必要があります。

 

またメイク直しに際してヘアブラシで髪も整えましょう。お店のHPで写真を見てセラピストを指名してくれる場合もあるので、キレイな状態で接客するとお客さんも喜んでくれますよ。

 

加えて歯磨きセットもお忘れなく!待機中何か食べた後に接客する場合は、歯磨きをしてからお仕事できるのが望ましいです。

 

ここまでご紹介した持ち物は、すべて基本的にメンズエステ出勤時に持っていったほうが良いものばかり。最初に紹介したチェックリストを使いながら、最低限の持ち物を確認して出勤しましょう。

 

リラクジョブもチェック♪

東京 | 大阪 | 神奈川 | 名古屋 | 博多 | 札幌

 

メンズエステの待機中に役立つおすすめの持ち物は4つ!

メンズエステの待機中に役立つおすすめの持ち物は4つ!

メンズエステ勤務において、基本的に避けては通れないのがお仕事開始までの待ち時間。待機の時間が長いほど、時間を潰せるアイテムがないと暇を持て余してしまいますよね。

 

ここからは、待機中に役立つおすすめの持ち物を紹介!待機時間の過ごし方は人それぞれなので、紹介するアイテムのうち「役立ちそうだな」と思ったものを持っていくのが良いでしょう。

 

この項を参考にしながら、自分に必要そうと思ったアイテムを吟味してみてください。

 

①好きなお菓子や食事

メンズエステで待ち時間を過ごすのに、好きなお菓子や食事は必須といえるでしょう。

 

なぜなら施術のタイミングで待機時間中に外出できなかったり、外出できなくてご飯のタイミングを逃してしまったりする可能性があり得るから。

 

ちなみに待機時間の長さにもよりますが、閑散期になってくるとお仕事開始まで結構待たされるメンズエステも多いようです。

待ち時間が長くなるのは辛いけど、コンビニのお菓子を色々試せるのに実は結構ハマってます🤭

もし集団待機や店内でほかのセラピストさんとお喋りできる機会があれば、ぜひおすすめのお菓子も聞いてみるのも良いかもしれません。

 

②カーディガンやブランケット

室温調整が難しい場合を考えて、カーディガンやブランケットを持って行っておくのもアリですよ!

 

メンズエステの待機は、基本的に「個室待機」が多め。待機部屋を自由に使えるとはいえ、室内のエアコンがききすぎて寒気を感じる方もいるのではないでしょうか?

 

そんな時に役立つのが、カーディガンやブランケット!あらかじめ用意してくれるお店もあるため、一度スタッフさんに確認してみると良いでしょう。

 

エアコンを操作して室温を上げっぱなしにするのも1つの手ですが、乾燥がひどくなるので注意してくださいね。

 

③卓上の加湿器

冬場のメンズエステ待機に役立つのが卓上の加湿器。室内にも加湿器を置いてくれるお店はありますが、待機時間中は意外と乾燥しています。

 

特に待機時間が長くなると、お部屋の乾燥も気になってくるでしょう。卓上の加湿器を持っておけば、乾燥が気にならずに待ち時間を過ごせますよ。

 

④スマホの充電器

お店からの連絡はもちろん、待機中の暇つぶしにスマホをいじる人であれば充電器も必要になってくるでしょう。

 

メンズエステの待機時間は短ければラッキーですが、中には数時間ほど「待ちの時間」ができてしまうことも……。時期によっても待ち時間に差は出てきてしまうため、スマホの充電器は持っておくに越したことはありませんよ。

 

こちらもチェック!
メンズエステの待機中は何するの?待機時間にお給料が発生する「保証」って?

 

【番外編】遠征バイトに持っていくべきメンズエステの持ち物6選はこちら!

【番外編】遠征バイトに持っていくべきメンズエステの持ち物6選はこちら!

基本の持ち物や待機で役立つ持ち物を押さえたところで、番外編として遠征バイトに持っていくべきアイテムをご紹介します。

 

今回は、お店や寮に泊まることを想定して持ち物を解説!メンズエステの遠征バイトに行く方は、冒頭で紹介した「基本の持ち物」と合わせてこちらも見ておきましょう。

こちらもチェックリストを掲載するので、ぜひ活用してみてください。

 

①身分証や交通費の領収書は絶対持っていくべき!

遠征バイト先で絶対に必要になってくるのが、身分証や交通費の領収書。まず身分証がないと働けないメンズエステは多いですし、交通費の領収書がないと交通費を支給してくれない可能性も出てきます。

 

この2点はメンズエステの勤務や、もらえるお金にも関わってくるため、遠征前に持ったかどうか絶対確認しましょう。

 

また出先で万が一病院に行くことになった時のために、保険証も持っておくと安心ですよ!

 

②遠征する期間の衣類

普通の旅行と同じで、遠征する期間中の衣類を持っていきましょう。洗濯できることも考慮すれば、概ね遠征バイト期間の半分くらいで足りるかと思います。

 

あまり荷物が多くても移動しづらくなるため、ここは必要最低限におさえても大丈夫!一週間行く場合は3~4着、10日間行く場合は5着程度で足りるのではないでしょうか?

遠征バイト先の寮に洗濯機があるかどうかは、しっかりチェックしておきましょう!

 

こちらもチェック!
メンズエステが提携している寮ってどんなところ?寮アリのメンエス求人12選も紹介!

 

③フェイスタオル×2枚、バスタオル×2枚ほど

フェイスタオルとバスタオルは、それぞれ2枚ずつくらい持っていくのがおすすめ!なぜなら天候の状況によっては、洗濯したタオルがその日のうちに乾かない可能性もあるからです。

 

予備に1枚ずつもっていっておくことで、お風呂上がりや洗顔後にしっかり乾いたタオルを使えます。

 

備えあれば、憂いなし!しっかり備えて、余裕をもった遠征にしましょう。

 

④圧縮袋

衣類やタオルをまとめて入れるのに便利なのが、普通の旅行でもよく使う圧縮袋。圧縮袋を使えば布類の質量がだいぶ減るため、カバンやキャリーケースに入れられるスペースに余裕ができるでしょう。

 

また圧縮袋を持っていない方は、ジップロックでの代用もOK!濡れたタオルと衣類を分ける際も役立つので、持っておいて損はありませんよ。

 

⑤お風呂セット

こちらも普通の旅行と同じく、シャンプーやリンス、ボディウォッシュなどのお風呂セットは欠かせません!しかも遠征先の寮には、これらのグッズがない可能性のほうが高いです。

 

寮に用意されていたとしても、普段使い慣れていないシャンプーやリンスを使うと、髪が傷んでしまう人もいるでしょう。

髪の状態を普段通りに保ちたい方は、シャンプーやリンス、ボディウォッシュはマストアイテムですね!

 

⑥使い慣れた常備薬や衛生グッズ

使い慣れた常備薬や衛生グッズがあれば、出先でも安心です。外出先はもちろん、ちょっとした遠征でも意外と必要な場面が出てくるため、持っておくに越したことはありません。

 

常備薬にも色々ありますが、下記のようなお薬を持っていけば概ね問題ないでしょう。「どんな常備薬を持っていけば良いか分からない」という方は、こちらのチェックリストを活用してみてくださいね!

 

 

まとめ:メンズエステ勤務に必要な持ち物は意外とたくさんある!

メンズエステ勤務において、必要な持ち物は意外とたくさんあります。

 

特にタイマーやボディウォッシュといった基本の持ち物は欠かせません。初出勤の方は必ずチェックしておきましょう。

結構持ち物多いんですが、慣れてくれば減らしていってもOKだと思います!

メンズエステ初出勤で持ち物に迷われている方にとって、参考になれば幸いです。幸先の良い初出勤を迎えられますように。

 

こちらもチェック!
メンズエステの閑散期はいつ?繁忙期や暇な時期の過ごし方も解説!
【30代以上歓迎のメンエス】年齢を気にせず働ける12店舗を紹介!
【2022年4月最新版】関西メンズエステおすすめ求人10店を紹介!
ネイルOKなメンズエステ求人10選!おしゃれを妥協したくない人子は必見
日払いOKのメンズエステ求人15選|出勤したその日が「お給料日」になる!?
この記事が役に立ったと思ったら
スキ、お願いします。