Drag

メンエスで会話に困ったら?お客さんと話を続けるコツ・話題一覧を紹介!

メンエスで会話に困ったら?お客さんと話を続けるコツ・話題一覧を紹介!
📒こんな方におすすめ
  • ①メンズエステで接客中の会話に困っている
  • ②仕事中の会話に困らないコツを知りたい
  • ③会話で盛り上がる話題を知っておきたい

 

メンズエステを利用するお客さんの要望は様々。体を癒やしてほしい方や、やすらぎを求める方と、その内容は多岐に渡ります。

 

中には、施術してくれるセラピストとの会話を楽しみたい方もいるでしょう。

 

とはいえ、セラピストさん側にも、人との会話が苦手な方がしばしば……。

初対面の方を前に、何を話したらいいか分からなくて困っている

そもそもお話が苦手なので、すぐに会話が終わってしまう……

なんて悩みを抱える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、メンエスで会話を続けるコツを伝授!お客さんと盛り上がれる話題もご紹介していきます。

みお
みお
指名を増やすきっかけにもなるし、特に会話全般に困っているセラピストさんは見逃せない内容ですよ~👌

 

こちらもチェック!
メンズエステの仕事内容を完全解説!

 

トピック

メンエスでお客さんとの会話に困ったらどうすればいいの?

メンズエステ-会話1

メンズエステでお客さんとの会話に困った際、セラピストができることは主に3つ!

 

ここからは、メンズエステのお仕事で使える「会話に困った時の脱却方法」をご紹介していきます。

 

人見知りさんや人との会話が苦手な方でも、実践できるやり方をピックアップしてみました。

 

私の経験をもとに具体的な方法を伝授していくので、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

方法①会話の「きっかけ」を探してみる

そもそも人付き合いが苦手な方の場合、初対面の人と何を話せばいいか悩むセラピストさんも多いはず。私もセラピストなりたての時は、「会話そのもの」が苦手なほうでした。

みお
みお
実はこの仕事を始めた当初、「会った瞬間何を話せば良いんだろう……」なんて悩んでいた時期もありました……🤫

そんな時に当時の店長さんから言われて実践したのが、会話の「きっかけ」を探すこと。

 

まずは難しく考えすぎず、下記のような流れで会話してみましょう。ちなみに私は「天気」を会話のきっかけにすることが多いです。

 

【会話の例】
みお
みお
こんにちは~今日暑いですよね~😩
暑いよね。エアコンつけようか迷ってる
みお
みお
私もなんです!え、何度くらいまでなら我慢します?(笑)

 

もちろん天気でなくとも、お客さんが着ている服に触れても良し、休日を話題に取り上げても良し。「きっかけ」のあとに話が広がれば、基本的にどんな話題を取り上げても構いません。

 

ちなみに、この時実践してもらいたいのが、話が広がってきたタイミングを見て「質問」で返す方法。質問で返せばお客さん主導で話が展開していくため、会話が続きやすくなりますよ。

 

コース時間の始まりに上手く会話のきっかけを探すことができれば、その後も苦になりません。そのため「会話のきっかけを探す」方法は、セラピスト初心者さんにかなりおすすめといえるでしょう。

 

方法②話の聞き役にまわる

会話のきっかけを掴んだところで、話が続かず悩む可能性があるかもしれません。そんな時はお客さんの「話の聞き役」にまわるのも1つの手段。

 

以下のポイントをおさえながら、お客さんの話を聞くことに徹するのも良いでしょう。

 

ポイント①お客さんの話に対してしっかりリアクションをとる
ポイント②目を見ることができる状況ならば、しっかり目線をあわせる

 

話の聞き役にまわるうえで、お客さんの話にリアクションをとるのは鉄板。なぜなら、聞き役であるセラピストがノーリアクションでいると、お客さんが沈黙に耐え切れず黙りこんでしまう可能性があるからです。

 

少し大げさでもリアクションを取れば、「話す側」と「聞く側」とで立場が明確に分かれます。うつ伏せの施術でセラピストの表情が見えなくなっても、お客さんは安心して話を続けやすくなるでしょう。

 

ちなみにお客さんと目を合わせられる状況であれば、しっかり視線を送るのも大切。目線を合わせるだけで「興味をもってお話を聞いています」とアピールできるので、この手は使うほかありません。

 

お客さん側も「自分の話に興味を持ってくれている」と分かれば、もっと話したくなるはず。自分から会話を続けるのが苦手なセラピストさんは、ぜひ実践してみてください。

 

方法③どうしても会話が苦手な場合はマッサージに集中する

ここまで2つの実践方法をお伝えしましたが、中には「会話の入り口を探すのが難しい」「聞き役って意外とできないかも」と悩む方がいるかもしれません。

 

そうなった場合は、施術中に「会話をしなければ!」と思いすぎず、いっそのことマッサージに集中するのもアリ。

 

とはいえサービスを提供している身としては、終始無言を貫くのはお客さんに対して失礼。せっかく利用してくれたお客さんにサービスを楽しんでいただくためにも、

 

①お客さんの話に対し、軽く受け答えをする
②「お部屋は寒すぎませんか?」「力加減は大丈夫そうですか?」などの声掛けはおこなう
③笑顔で接客する

 

といった基本事項は守りましょう。

 

メンエスで会話を続けるコツは?

メンズエステ-会話2

メンエスで会話を続けるならば、相手が話しやすい糸口を見つけて聞き役に徹するのがコツ。自分から話すのが苦手な方にとって、相手が話す内容にリアクションをとり続けるのが一番「楽な方法」でもあります。

 

また会話に困った時によくやりがちなのが、「沈黙にならないよう頑張って喋る」こと。癒やしを求めて来店されるお客さんに対し、喋りすぎるのは逆にNGです!

 

加えて「たくさんお話をしなきゃ!」と思うほど話し方が不自然になるため、喋りすぎには要注意。この場合は肩の力を抜いて、サービスに徹するか話を聞く側に回るか役割を考えておくのが良いでしょう。

みお
みお
私は緊張するとお喋りしちゃうほうだから、セラピストなりたての時は喋り倒してその場をしのいでました🤣

お客さんの中には、ゆっくりお話をしたい方がいるのも事実。相手によって、聞き役にまわれるよう柔軟性を身につけることも大切ですよ。

 

ちなみに続く項目では、会話に困らないセラピストさんの鉄板ネタをご紹介!沈黙に耐え切れずネタ探しに困っている方は、要チェックです!

 

【人見知りさん必見!】メンエスでの会話に困らない話題一覧はこれ!

メンズエステ-会話3

メンズエステで働いているセラピストさんの中には、「明日の出勤でお客さんと何話そう……」
「サクッと話せる会話のネタがない!」と悩む方もいるでしょう。

 

ここでは、メンズエステでおすすめの話題と会話のポイントを一覧でご紹介します。

 

話題会話のポイント
マッサージの話題施術に対して期待できる効果やオイルの知識を中心に話をする
好きな食べ物について「何がお好きですか?」と投げかけて会話の糸口を見つける
休日の過ごし方休みの事情を聞き出し、趣味の話題にもっていく
出身地についての話お客さんの出身地を聞くとともに、自分の出身地の話題も展開してみる

 

最も会話を広げやすいのは、セラピストさんとお客さんとの共通項である「マッサージの話題」!色んな話題を振ってみても、どうしても会話が途切れる場合はマッサージについてお話をするのが良いかもしれません。

 

例えば、

 

・使っているオイルについての説明
・施術にどんな効果が期待できるか
・体のどこが一番凝っているか

 

といった内容ならば、色んなお客さんにお話しできる話題ですよね。マッサージ関連の話題ならお客さんも興味を示してくれるうえ、セラピストさんは施術に集中できるのではないでしょうか?

 

ただし、「お仕事についての詳しい情報」「宗教」「政治」「その他プライベート」などの話題に関しては気をつけたいところ。人によってもデリケートな話題になるので、できる限り避けましょう。

 

まとめ:メンエスでの会話は怖くない!肩の力を抜いてお客さんと楽しくお話をしよう!

人見知りをしてしまうセラピストさんにとって、メンズエステでのお客さんとの会話は悩みの種。しかし難しく考える必要はなく、適度に肩の力を抜いたほうが良い方向に向かう場合もあります。

 

本記事では「会話のきっかけを見つける」「聞き役にまわる」「リアクションをとる」と会話術を述べてきましたが、一番お伝えしたいのは「メンズエステでの会話は怖くない」ということ。

 

会話のネタに悩む方も、あまり難しく考えすぎず、今回取り上げた方法をぜひ実践してみてくださいね。

こちらもチェック!
メンズエステとマッサージ店の違いとは?
メンズエステの洗濯事情を調査!
この記事が役に立ったと思ったら
スキ、お願いします。
この記事を書いた人

みお

ルールは絶対!守らない客は塩をまいて悪霊退散!そんな精神で本業と掛け持ちしているメンエスのセラピスト👸💞普段はとある会社の受付嬢ですが収入を増やしたくて始めました◎暇な日はだいたい買い物しているかも!

このライターの他の記事を見る

このライターの他の記事を見る